タイトル ラスキン・テラスの亡霊
刊行日 2017年3月1日
著者 ハリー・カーマイケル 著/板垣節子 訳
定価 2,200+税
ISBN 978-4-8460-1598-5
Cコード C0097
ページ数 288
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 186
内容
不幸な事故か? それとも巧妙な殺人か? 謎めいた服毒死から始まる悲劇の連鎖に翻弄されるクイン&パイパーの名コンビ。ハリー・カーマイケル、待望の長編邦訳第2弾!
著者紹介
ハリー・カーマイケル
本名レオポルド・ホーレス・オグノール。別名ハートリー・ハワード。1908年、カナダ、モントリオール生まれ。英国内でジャーナリストやエンジニアとして働き、1932年に結婚して三人の子をもうける。51年、ハートリー・ハワード名義で“The Last Appointment”を発表し、作家デビュー。二つのペンネームを使い分け、生涯に85作のミステリ長編を書いた。79年死去。

板垣節子(いたがき・せつこ)
北海道札幌市生まれ。インターカレッジ札幌にて翻訳を学ぶ。訳書に『白魔』、『ウィルソン警視の休日』、『J・G・リーダー氏の心』(いずれも論創社)、『薄灰色に汚れた罪』(長崎出版)、『ラブレスキューは迅速に』(ぶんか社)など。
関連書籍
ページ上部へ戻る