タイトル レイナムパーヴァの災厄
刊行日 2014年11月30日
著者 J・J・コニントン 著/板垣節子 訳
定価 2,200 +税
ISBN 978-4-8460-1370-7
Cコード 0097
ページ数 368
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 135
内容
アルゼンチンから来た三人の男を襲う不可解な死の謎。クリントン・ドルフィールド卿が最後の難事件に挑む。犯人当ての要素を盛り込んだコニントン初期の意欲作、原著発行から85年目にして初邦訳!
著者紹介
J.J.コニントン
1880-1947。本名アルフレッド・ウォルター・スチュワート。スコットランド、グラスゴー生まれ。科学者、作家。グラスゴー大学で科学を専攻し奨学金を得てロンドンの大学へ入学、同校で研究を続ける。1908年に刊行されたRecent Advances in Organic Chemistryは教科書として広く使用された。教授としてベルファーストのクイーンズ大学に勤務し、物理化学と放射線の講義を受け持つ。推理作家としては『或る豪邸主の死』(1926)でデビュー。

板垣節子(いたがき・せつこ)
北海道札幌市生まれ。インターカレッジ札幌にて翻訳を学ぶ。
関連書籍
ページ上部へ戻る