タイトル 俳諧つれづれの記
サブタイトル 芭蕉・蕪村・一茶
刊行日 2014年2月10日
著者 大野順一
定価 2,200 +税
ISBN 978-4-8460-1294-6
Cコード 0095
ページ数 224
判型 四六
製本 上製
内容
近世俳諧史の前・中・後の三期を代表する芭蕉・蕪村・一茶をつらねて、それぞれの個性の所在をさぐりながら、近世という時代の思想史的な変遷を跡づけてゆく。人と作品の根柢にあるものは何かを深く洞察する。
著者紹介
大野順一(おおの・じゅんいち)
1930年生まれ。元明治大学文学部教授。現在、明治大学リバティ・アカデミー講師。専攻は平家物語、日本文芸思想史。著書に『平家物語における死と運命』(創文社)、『萩原朔太郎』(講談社)、『詩と死と実存─日本文芸思想史研究』(角川書店、第5回茗水クラブ学術奨励賞)、『芭蕉と生きる十二の章』『歴史のなかの平家物語』(論創社)など。
関連書籍
ページ上部へ戻る