タイトル 判事とペテン師
刊行日 2005年12月25日
著者 ヘンリー・セシル 著/中村美穂 訳
定価 2,000+税
ISBN 978-4-8460-0649-5
Cコード 0097
ページ数 264
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 34
内容
謹厳な判事と敬虔な牧師。尊敬すべき二人の共通点は、なんと“競馬”だった!さらに、判事の息子は決して誇れることのない悪行を生業としていた…。自身も法廷弁護士、そして判事という職歴を持つ法廷ミステリの名手セシルが、法知識をふんだんに盛り込みながらもユーモラスに綴る、判事とペテン師の親子二代記。
著者紹介
ヘンリー・セシル
1902〜76。本名ヘンリー・セシル・レオン。イギリス・ロンドン生まれ。ケンブリッジ大学キングズ・カレッジを卒業後、法廷弁護士になる。1939年からの5年間に渡る軍隊生活の後、48年に、『メルトン先生の犯罪学演習』でデビュー。翌年から郡裁判所判事を務め、晩年は英国著作権審議会の職に就いた。判事の職務の傍ら、法廷を舞台にしたユーモア・ミステリを次々に発表。

中村美穂(なかむら・みほ)
藤女子短期大学英文科卒。札幌市在住。
関連書籍
ページ上部へ戻る