タイトル 十三の謎と十三人の被告
刊行日 2018年11月2日
著者 ジョルジュ・シムノン
定価 2800+税
ISBN 9784846017323
Cコード 0097
ページ数 336
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 219
内容
〈クイーンの定員〉に選出された傑作短編。フロジェ判事が探偵役の「十三人の被告」と行動派刑事G7が活躍する「十三の謎」を収録!至高のフレンチ・ミステリ!
著者紹介
ジョルジュ・シムノン
1903-1989
ベルギー、リエージュ生まれ。
中等学校を中退後、職を転々とした末、
〈リエージュ新聞〉の記者となる。
1921年に処女作“Au Pont des Arches”を発表。
パリへ移住後、幾つものペンネームを使い分けながら、
大衆雑誌に数多くの小説を執筆。
「怪盗レトン」に始まるメグレ警視シリーズは
絶大な人気を誇り、長編だけでも70作以上書かれている。
66年にはアメリカ探偵作家クラブの
巨匠賞を受賞。

目次
目次 十三の謎と十三人の被告 訳者あとがき 解説 瀬名秀明
関連書籍
ページ上部へ戻る