タイトル 書斎で楽しむ酒席談義
サブタイトル 書簡往来のすすめ
刊行日 2016年5月31日
著者 相田武文 河津光紀
定価 1,500+税
ISBN 978-4-8460-1534-3
Cコード 0095
ページ数 168
判型 四六
製本 上製
内容
全く異なる人生を歩んできた二人が、日々の常住座臥のなかから湧き出る存念を、杯を傾けて互いに語りかけるような筆致で書き綴る。誰もが気軽に始められる往復書簡の参考指針として読みたい、軽妙な随筆風書簡集。
著者紹介
相田武文(あいだ・たけふみ)1937年東京都生まれ。1960年早稲田大学第一理工学部建築学科卒。1966年同校大学院博士課程修了。1977年芝浦工業大学教授。建築家、一級建築士。工学博士。芝浦工業大学名誉教授。早稲田大学などの非常勤講師。米国・カリフォルニア大学客員教授。中国・同済大学顧問教授。日本建築家協会名誉会員。「積木の家」シリーズの建築作品で国際的に評価される。「積木の家Ⅰ(防府歯科医院)」で1982年第1回日本建築家協会新人賞、2007年同作品で建築家協会25年賞受賞。代表的な建築作品に「涅槃の家」「硫黄島・鎮魂の丘」「東京都戦没者霊苑」「芝浦工業大学齋藤記念館」「埼玉県・県央みずほ斎場」など。『建築・NOTE相田武文 積木の家』(丸善)、『相田武文建築作品集』(新建築社)、『建築家のひとこと』(新建築社)などの著作がある。 河津光紀(かはづ・みつのり)1936年神奈川県生れ。1958年早稲田大学第一政経学部経済学科卒。同年朝日生命保険(相互)入社。広報部長・取締役営業管理部長・同名古屋支社長等を経て常務取締役。営業・人事・総務等を担当する傍ら、社会貢献事業「全国健康づくり運動」の一環としてのテニス部長、体操部長を務める。業界関連業務は生命保険協会総務委員会委員長、教育委員会委員長など。1994年同社退任、朝日生命ビル㈱代表取締役社長就任。2001年退任。趣味は囲碁・俳句・講談。齊藤夏風氏主宰「屋根」入会。公益社団法人俳人協会会員。句集『涓々抄』を上梓。寶井講談修羅場塾にて故寶井馬琴師、寶井琴星師に師事。名取を許され河津琴逍名で口演活動。NPO法人シニア大樂登録講師。
関連書籍
ページ上部へ戻る