タイトル 殺人者の湿地
刊行日 2013年9月20日
著者 アンドリュウ・ガーヴ 著/水野恵 訳
定価 2,000 +税
ISBN 978-4-8460-1256-4
Cコード 0097
ページ数 256
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 109
内容
荒涼たる湿地に消えた美女の謎。サスペンスの名手が仕掛ける鮮やかな逆転劇。果たして”彼女”は殺されたのか?
著者紹介
アンドリュウ・ガーヴ
1908年、英国レスターシャー生まれ。ロンドン大学経済学部卒業後、「エコノミスト」編集委員や「ロンドン・ニューズ・クロニクル」の記者を務める。1947年に記者を辞職し、本格的な作家活動に入る。1930年代から創作活動を始めており、記者時代にロジャー・バックス名義で発表したDeath Beneath Jerusalem(38)がミステリのデビュー作。1950年に発表した『ヒルダよ眠れ』が代表作として有名。2001年没。
関連書籍
ページ上部へ戻る