タイトル 藤村正太探偵小説選Ⅰ
刊行日 2014年11月30日
著者 藤村正太
定価 3,600 +税
ISBN 978-4-8460-1375-2
Cコード 0093
ページ数 424
判型 A5
製本 上製
シリーズ名 論創ミステリ叢書
シリーズ番号 81
内容
江戸川乱歩賞作家・藤村正太が、受賞以前に別名義・川島郁夫で発表したトリッキーな秀作群を初集成。『黄色の輪』『接吻物語』『盛装』『虚粧』『謎のヘヤーピン』『液体癌の恐怖』『その前夜』『武蔵野病棟記』『或る特攻隊員』など、短篇15篇を集成。
著者紹介
藤村正太(ふじむら・しょうた)
1924(大13)年、富山県生まれ。本名・正太。別名、川島郁夫。1949(昭和24)年、東京大学卒業後、結核を発病。療養生活中に探偵小説を書き始め、同年、川島名義で「黄色の輪」、「接吻物語」の二編を『宝石』百万円懸賞コンクールC級(短編部門)に投じ、前者で二等に当選してデビュー。51年頃からラジオ、テレビの脚本を手がけるようになり、57年には、NHK『私だけが知っている』の脚本執筆に参加した。63年、藤村正太名義で投じた長編『孤独なアスファルト』が第9回江戸川乱歩賞を受賞。1977(昭和52)年、心不全と呼吸不全のために死去。享年53歳。
目次
【創作篇】
黄色の輪
接吻物語
盛装
或る自白
謎のへヤーピン
田茂井先生老いにけり
筈見敏子殺害事件
液体癌の戦慄
暴力
断層
その前夜
法律
武蔵野病棟記
或る特攻隊員

【評論・随筆篇】
暗中模索
略歴
通信
周辺点綴
アンガージュの探偵小説
アンケート

解題(横井 司)
関連書籍
ページ上部へ戻る