タイトル 西尾正探偵小説選Ⅰ
刊行日 2007年2月20日
著者 西尾正
定価 2,800 +税
ISBN 978-4-8460-0711-9
Cコード 0093
ページ数 392
判型 A5変
製本 上製
シリーズ名 論創ミステリ叢書
シリーズ番号 23
内容
戦前の怪奇幻想派の初作品集、第1弾! 異常性格者の性格が際立つ怪奇小説、野球もの異色本格短篇、探偵小説の芸術論争をめぐるエッセイ等。
著者紹介
西尾正(にしお・ただし)
1907(明40)年、東京生まれ。別名三田正。慶応義塾大学経済学部卒業。『ぷろふいる』に三田名義で読後感などを投稿する一方、本名で同誌の創作募集に応じ、34(昭9)年7月、怪奇小説「陳情書」が掲載された。その後、「青い鴉」(35年)「海蛇」(36年)等、異常性格者の描写の際立つ作品を発表するが、39年まででいったん筆を断ち保険会社に勤務。戦後は、「守宮の眼」(46年)「幻想の魔薬」(47年)等、10篇余りを発表したが、戦前から患っていた結核が悪化、作品のいくつかで舞台となった鎌倉で療養するも回復せず、49(昭和24)年死去。
関連書籍
ページ上部へ戻る