タイトル 警官の騎士道
刊行日 2013年10月15日
著者 ルーパート・ペニー 著/熊井ひろ美 訳
定価 2,400+税
ISBN 978-4-8460-1271-7
Cコード 0097
ページ数 432
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 110
内容
事件現場は密室状態。凶器は被害者のコレクション。容疑者たちにはアリバイが……。サー・レイモンド・エヴェレットを殺害した犯人は誰なのか? 見取り図、タイムテーブル、そして「読者への挑戦」。秀逸なトリックと緻密なロジックによる本格ミステリの傑作!
著者紹介
ルーパート・ペニー
本名アーネスト・バジル・チャールズ・ソーネット
英国コーンウォール生まれ。第二次世界大戦中はロンドンの英国政府暗号学校に勤務し、戦後はその後身である政府通信本部で働いた。1968年に引退。1936年にThe Talkative Policemanで作家デビュー。1941年まで8冊の長編ミステリをルーパート・ペニー名義で上梓した。いずれもエドワード・ビール主任警部を探偵役に据えている。ほかに、マーティン・タナー名義の作品もある。

熊井ひろ美(くまい・ひろみ)
東京外国語大学英米語学科卒。英米文学翻訳家。
関連書籍
ページ上部へ戻る