タイトル 追悼(上)
刊行日 2010年11月30日
著者 山口瞳 著/中野朗 編
定価 2,600 +税
ISBN 978-4-8460-1023-2
Cコード 0095
ページ数 432
判型 四六
製本 上製
内容
山口瞳が万感の思いをこめて文壇の戦友たちに捧げた追悼文の精選集成第一弾。褒めるだけでは本当の追悼にならない!
著者紹介
山口瞳(やまぐち・ひとみ)
1926年、東京生まれ。麻布中学校を卒業、第一早稲田高等学院に入学するも自然退学。その後、父の工場で旋盤工として働く。終戦後は複数の出版社に勤務。その間に國學院大學を卒業する。58年に寿屋(現サントリー)に中途入社、「洋酒天国」の編集者として活躍する。62年『江分利満氏の優雅な生活』で直木賞を受賞。79年には『血族』で菊池寛賞を受賞する。95年8月、肺がんのため逝去。

中野朗(なかの・あきら)
1951年、小田原生まれ。札幌東高校、明治大学政経学部を卒業。2001年より「山口瞳の会」主宰「山口瞳通信」(年刊)を七号まで、「山口瞳の会通信」を年数回発信する(2010現在、休会中)。
関連書籍
ページ上部へ戻る