タイトル 黒い駱駝
刊行日 2013年6月20日
著者 E・D・ビガーズ 著/林たみお 訳
定価 2,400 +税
ISBN 978-4-8460-1245-8
Cコード 0097
ページ数 392
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 106
内容
黒い駱駝に魅入られたのは誰だ! チャーリー・チャンの大いなる苦悩。横溝正史が「コノ辺ノウマサ感動ノ至リナリ」と謎解き場面を絶賛の探偵小説、待望の完訳。
著者紹介
E・D・ビガーズ
アメリカ、オハイオ州ウォーレン生まれ。ハーヴァード大学を卒業後、ボストン市の新聞社へ就職し、コラムや劇評を担当。1913年に発表したミステリ小説Seven Keys to Baldpateは舞台化され、ブロードウェイで大成功をおさめた。『鍵のない家』(25)で初登場したチャーリー・チャン警部の名前は作者よりも有名になり、オリジナルストーリーのラジオドラマや映画、絵物語も多数製作されている。

林たみお(はやし・たみお)
1943年生まれ。一橋大学法学部卒。会社勤務を経て翻訳の勉強を始める。英語雑誌、英語教材、社会科学、ポピュラーサイエンス関連の翻訳協力多数。
関連書籍
ページ上部へ戻る