タイトル オオカミ県
刊行日 2021年4月10日
著者 多和田葉子(文)・溝上幾久子(絵)
定価 2000円+税
ISBN 978-4-8460-1972-3
Cコード 0793
判型 A4変
製本 上製
内容
都会の白兎は何を食って生きているのか?
オオカミ県出身の俺は、ネットの書きこみに「オオカミ県の奴らはステーキを食うから田舎者だ」という悪口を見つけ、気になって東京に出てきた。俺の目に映った兎たちの姿とは? オオカミ県で起きるある事件とは? 苦みのきいたユーモアで現代社会を諷刺し、不思議さ、可笑しさ、不気味さをはらんで展開する物語を、美しく細密な銅版画絵で彩った、初の多和田葉子書き下ろし絵本。
*10代から大人まで。
*中学生以上で習う漢字にはふりがなをふっています。
著者紹介
多和田葉子(たわだ・ようこ)
小説家、詩人、戯曲家。1960年東京都生まれ。1982年よりドイツ在住。日本語とドイツ語で作品を発表。「かかとを失くして」で群像新人文学賞、「犬婿入り」で芥川賞、ドイツでゲーテ・メダル、クライスト賞を受賞。著書に『容疑者の夜行列車』(谷崎賞)『雪の練習生』(野間文芸賞)『献灯使』(全米図書賞翻訳部門)『地球にちりばめられて』『星に仄めかされて』ほか多数。

溝上幾久子(みぞかみ・いくこ)
銅版画家。1965年千葉県生まれ。1990年から銅版画を中心とした作品を制作発表しつづけている。書籍、新聞、雑誌のための装画、挿絵など多数。プライベートプレス「幾文堂」を主宰。https://www.icucomizo.com/
備考

野崎歓さんによる批評「多和田葉子と森の兄弟たち——『オオカミ県」をめぐって」が、『群像』2021年10月号に掲載されました。

http://gunzo.kodansha.co.jp/58959/60244.html

関連書籍
ページ上部へ戻る