タイトル ツァーリと民衆
サブタイトル ロシア神話の研究
刊行日 2021年8月23日
著者 マイケル・チェルニャーフスキイ 著/中村正己 訳
定価 3800円+税
ISBN 978-4-8460-2037-8
Cコード 0022
ページ数 336
判型 A5
製本 上製
内容
「聖なるロシア」とは何か。それはロシア社会の願望とロシア民衆の感じる変わりゆく歴史的現実とを反映する、生きた神話を映したものであった──。“聖者”となった統治者の神話の歴史と、ロシアの民衆の神話の起源と発展とをつぶさに辿る名著。
著者紹介
マイケル・チェルニャーフスキイ(Michael Cherniavsky)
1922年、中国ハルビンでロシア出身の両親から生まれ、満州で育つ。カリフォルニア大学で教育を受け、46年に学士、47年に修士、51年に歴史学博士号を受ける。プリンストン高等学術研究所で研究助手をつとめた後、52年、ウェズリアン大学歴史学専任講師。64年ロチェスター大学准教授。72年ピッツバーグ大学Andrew W.Mellon歴史学講座教授。専門は15世紀および16世紀のロシア政治理論を中心とするロシア中世史。73年にピッツバーグで死去。

中村正己(なかむら・まさみ)
1937年中華民國上海生まれ。1961年一橋大学経済学部卒。商社勤務ののち、1999年同大学社会学部入学、土肥恒之ゼミ所属。2004年同大学大学院社会学研究科修士課程修了。訳書にC. J. ハルパリン『ロシアとモンゴル―中世ロシアへのモンゴルの衝撃』(図書新聞、2008年)がある。
目次
前 文
挿絵解説
略語目録
序論
第一章 聖者となった公と公であった聖者
第二章 もっとも優しいツァーリ
第三章 至高の皇帝
第四章 「聖なるロシア」
第五章 新しい正教
第六章 ロシアの神
第七章 ロシアの魂
結 語
著者略歴
訳者あとがき
文献目録
索 引
関連書籍
ページ上部へ戻る