タイトル マダム花子
刊行日 2021年6月4日
著者 根岸理子
定価 1800円+税
ISBN 978-4-8460-1898-6
Cコード 0023
ページ数 232
判型 四六
製本 上製
内容
Who is HANAKO?
ロダンの唯一の日本人モデル、
森鷗外の小説「花子」のヒロイン、
そして、世界的に活躍するアーティストの先駆者でもある
マダム花子(1868-1945)とは、いかなる女性であったのか―。
著者紹介
ロンドン大学SOAS(School of Oriental and African Studies )大学院博士課程
修了。PhD。現在、東京大学教養学部LAP 特任研究員。専門は近代日本演劇。
論文・著書:「マダム花子―『日本』を伝えた国際女優―」(『演劇学論集』第53号、
2011年11月)、『井上ひさしの演劇』(共著、翰林書房、2012年)、『演劇のジャポ
ニスム』(共著、森話社、2017年)、『革命伝説・宮本研の劇世界』(共著、社会評
論社、2017 年)、『漱石辞典』(共著、翰林書房、2017年)他。
関連書籍
ページ上部へ戻る