タイトル 帰らなかった日本兵
サブタイトル インドネシア残留元日本兵の記録
刊行日 2021年6月下旬刊行予定
著者 長洋弘
定価 2400円+税
ISBN 978-4-8460-2042-2
Cコード 0036
ページ数 352
判型 四六
製本 並製
シリーズ名 論創ノンフィクション
シリーズ番号 12
内容
日本では敵前逃亡罪となる可能性のあった彼らは、戦後、インドネシア独立戦争で英雄となった!
太平洋戦争には日本兵として敵と戦い、戦後は現地に残って独立戦争のインドネシア兵となった。
彼らはなぜ日本に帰国しなかったのか。
残って何をやっていたのか。
その数奇な運命を重厚な取材でたどる。
著者紹介
長 洋弘(ちょう・ようひろ) 
1947年、埼玉県に生まれ。谷川岳の山岳ガイド高波吾策氏に師事。
東南アジアや中東などを主に取材。近年では日本・インドネシア国交樹立記念メインカメラマンとして、インドネシア世界文化遺産、バリ島などを撮影。大学、市民大学、写真教室などの講師を勤める。
文化庁登録写真家。作家。
賞歴は、林忠彦賞、社会貢献者表彰、外務大臣賞(団)、国際児童年記念写真展大賞(作品を国連に展示)、土門拳文化賞奨励賞など。
著書に、『帰らなかった日本兵』(朝日新聞社)、『二つの祖国に生きる』『戦争とインドネシア残留日本兵』『ミエさんの戦争』『海外日本人学校』(草の根出版会)、『遥かなるインドネシア』『ぱんちょろよーちゃん』『バリに死す』(燦葉出版社)など。写真集に、『インドネシア残留元日本兵(なぜ異国で生涯を終えたのか)』『冒険に生きる』(社会評論社)、『PERJUANGAN IB MIE OGURA』(YWP)など。
近刊に『小説・末永敏事』(燦葉出版社)がある。
目次
プロローグ
第一章 マンゴーの墓標
断章 第一部
第二章 望郷
断章 第二部
第三章 異国の愛
断章 第三部
第四章 国軍葬
断章 第四部
第五章 鎮魂歌
エピローグ
関連書籍
ページ上部へ戻る