タイトル 私の吉本隆明
刊行日 2021年5月22日刊行予定
著者 小形 烈
定価 1500円+税
ISBN 978-4-8460-2050-7
Cコード 0095
ページ数 148
判型 四六
製本 上製
内容
17歳ではじめて吉本隆明の詩に出会い、26歳のとき吉本の個人編集雑誌「試行」の販売に携わるようになって以来、十年以上にわたり吉本家と交流を重ねてきた。自分が好きな吉本隆明の本、埴谷雄高や江藤淳、宮沢賢治、親鸞と吉本のかかわり、さらに平易な文学案内「杜の窓:読書のすすめ」まで、吉本の著作を灯として歩んできた人生を、思い出深い本とともに振り返る。
「吉本隆明に惹かれるということは、吉本さんとたったひとり、出会い続けることだ」──芹沢俊介氏推薦!
著者紹介
小形烈(おがた・れつ)
1948 年生まれ。横浜生まれの横浜育ち。1976年、横浜市職員入職。1989年、横浜市内の民間障碍者支援施設に転職。現在は社会福祉法人アドバイザー。
目次
 はじめに      
私の吉本隆明
吉本さんの著作からの贈りもの 
 『言語にとって美とはなにか』 
 『共同幻想論』 
 『心的現象論序説』 
 『最後の親鸞』 
 『悲劇の解読』 
 「情況への発言」 
吉本隆明と表現者たち 
 埴谷雄高のこと 
 江藤淳のこと 
 宮沢賢治のこと 
 私の親鸞――その足跡 
杜の窓――読書のすすめ
関連書籍
ページ上部へ戻る