タイトル 高山樗牛
サブタイトル 美とナショナリズム
刊行日 2010年8月30日
著者 先崎彰容
定価 2,200 円+税
ISBN 978-4-8460-0802-4
Cコード 0012
ページ数 232
判型 四六
製本 上製
内容
小説『瀧口入道』で知られる樗牛は、日清戦争後の文壇に彗星のごとく現れ、雑誌『太陽』で論陣を張る。今日、忘れられた思想家の生涯とともに、〈自己〉〈美〉〈国家〉を照射する!
著者紹介
先崎彰容(せんざき・あきなか)
1975年生まれ。東京大学文学部倫理学科卒業。東北大学大学院文学研究科日本思想史博士課程単位取得修了、文学博士。その間、文部科学省政府給費(日仏共同博士課程)留学生として、フランス国社会科学高等研究院(EHESS)に留学(専攻:国際日本学)。現在、東日本国際大学東洋思想研究所准教授、埼玉大学・宇都宮大学非常勤講師。専攻、近代日本思想史・日本倫理思想史。
関連書籍
ページ上部へ戻る