タイトル キャッスルフォード
刊行日 2019年9月5日
著者 J.J.コニントン
定価 3400+税
ISBN 9784846018535
Cコード 0097
ページ数 424
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 238
内容
キャッスルフォード家を巡る財産問題の渦中で起こる悲劇、、、、、、クリントン・ドリフィールド卿が事件の謎に挑む!
著者紹介
J.J.コニントン
1880-1947
本名アルフレッド・ウォルター・スチュアート
スコットランド、グラスゴー生まれ。
グラスゴー大学で科学を専攻し奨学金を得てロンドンの大学へ入学、同校で研究を続ける。
1908年に刊行されたRecent Advances in Organic Chemistryは教科書として広く使用された。
教授としてベルファーストのクイーンズ大学に勤務し、物理化学と放射線の講義を受け持つ。
推理作家としては『或る豪亭主の死』(1926)でデビュー。クリントン・ドリフィールド卿が活躍するMurder in the Maze(27)、ロス警視の登場するThe Eye in the Museum(29)など、24冊のミステリを刊行した。
〈読者への挑戦状〉が作中に挿入される趣向を、エラリー・クイーンに先駆けて自作に取り入れた。
関連書籍
ページ上部へ戻る