タイトル スポーツ哲学入門
サブタイトル オリンピック・レガシーのために
刊行日 2018年7月18日
著者 島田哲夫
定価 1500+税
ISBN 9784846017361
Cコード C0010
ページ数 232
判型 四六
製本 並製
内容
「東京2020オリンピック競技大会」が開催される。しかし、ここでちょっと立ち止まって考えてみる。オリンピックとはなにか、スポーツとはなにか。私たちにとっての、あらたなスポーツ概念を構築する。
著者紹介
島田哲夫(しまだ・てつお)
スポーツ哲学研究者。1962年生まれ。同志社大学文学部(哲学・倫理学専攻)卒業後、出版社、広告会社、国内外合計14のプロサッカークラブのマーケティング、経営業務に従事。兵庫教育大学大学院修士課程修了、大学教員を経て現在に至る。著書『新発想「日本型市民スポーツクラブ」の創り方ー市民遺産としての省察』(ぶんか社。2007年)。
目次
第1章 “レガシー”の概観
   「オリンピック憲章」とはなにか
    “レガシー”計画の概観
    仮説としての、あらたなスポーツ概念の提示
第2章 人々とスポーツの関わり方の歴史的検証
    「近代スポーツ」の検討
    ヨーロッパ「古代」のスポーツの概観
    ヨーロッパ「中世」のスポーツの概観他
第3章  あらたなスポーツ概念の再提示
スポーツと「他者」
スポーツと「欲働」
スポーツと「公共性」他
第4章  プロサッカークラブの株主達の出資目的
 プロスポーツビジネスの定義
 UK、USAのプロサッカークラブの株主達を考察の対象とする事由
 日本におけるプロサッカークラブの株主の状況他
関連書籍
ページ上部へ戻る