タイトル パリの毒殺劇
サブタイトル ルイ十四世治下の世相
刊行日 2016年4月3日
著者 F.ファンク=ブレンターノ 著/北澤真木 訳
定価 3,800+税
ISBN 978-4-8460-1504-6
Cコード 0036
ページ数 384
判型 四六
製本 上製
内容
17世紀フランス社会の実態を暴くドキュメント! 宮廷毒殺事件の全貌がここに。初代パリ警察長のラ・レーは<毒殺事件>の隠蔽工作を行う国王・重臣・ブルジョワ呪術師等の前に身を挺して立ち向かう。
著者紹介
北澤真木(きたざわ・まき)
1966年、早稲田大学文学部(美術史)卒業。1970年、スゥエーデン、ニッケルヴィク美術学校(デキスタイル・デザイン)卒業。1977年、フランス、パリ第4大学(キリスト教史)中退。主訳書、ジャック・マイヨール『海の記憶を求めて』(翔泳社)、アンドレ・ヴァルノ『パリ風俗史』(講談社学術文庫)など。
目次
序文 アルベール・ソレル
第一章 ブランヴィリエ事件
 Ⅰ マリー= マドゥレーヌ・ドゥ・ブランヴィリエの行状
 Ⅱ 訴訟経過
 Ⅲ ブランヴィリエの死
第二章 宮廷毒殺劇:モンテスパン事件
 Ⅰ 魔女(ソルシエール)の横行――ヴィグルー家の昼食会
  (1)十七世紀における魔術の実態
  (2)魔女(ソルシエール)の生業
  (3)錬金術師
  (4)ラ・ヴォワザン
  (5)魔術師ルサージュ
  (6)火刑裁判所
  (7)ルイ十四世と毒殺事件
 Ⅱ 寵姫モンテスパン
 Ⅲ 司法官 ニコラ・ドゥ・ラ・レニ
第三章 戯曲『女占い師』
    ――ルイ十四世治下における悪弊改革のための夢幻喜劇

訳者あとがき
訳注
原書参考文献
主要参考文献
関連書籍
ページ上部へ戻る