タイトル 三つの栓
刊行日 2017年11月30日予定
著者 ロナルド・A・ノックス 著/中川美帆子 訳
定価 2400+税
ISBN 978-4-8460-1655-5
Cコード C0097
ページ数 280
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 199
内容
ガス中毒による老人の死。事故に見せかけた自殺か、自殺に見せかけた他殺か、それとも……。“三つの栓”の謎を巡る推理合戦の末に明かされる意外な真相とは? 「探偵小説十戒」を提唱したロナルド・A・ノックスによる正統派ミステリの傑作が新訳で登場!
著者紹介
ロナルド・A・ノックス
1888年、英国レスターシャー州生まれ。オックスフォード大学卒業後、トリニティ・カレッジで研究活動を続け、英国国教会の牧師となったが、第一次大戦中にカト
リックへ改宗。大学の礼拝堂付司祭を経て司教に就任し、大司教の高位聖職者として退職した。退職後はラテン語聖書の改訳に専念し、その業績は「ノックス聖書」として称えられている。余技に探偵小説の執筆も行ない、「陸橋殺人事件」(1925)や「サイロの死体」(33)などを発表した他、探偵小説を書く際のルールとして「探偵小説十戒」を提唱した。1957年死去。

中川美帆子(なかがわ・みほこ)
神奈川県出身。立教大学文学部史学科卒業。英米文学翻訳家。訳書にマーガレット・ミラー『雪の墓標』、リリアン・デ・ラ・トーレ『探偵サミュエル・ジョンソン博士』(ともに論創社)。他名義による邦訳書もある。
関連書籍
ページ上部へ戻る