タイトル 山本禾太郎探偵小説選Ⅱ
刊行日 2006年5月30日
著者 山本禾太郎
定価 2,600 +税
ISBN 978-4-8460-0703-4
Cコード 0093
ページ数 416
判型 A5変
製本 上製
シリーズ名 論創ミステリ叢書
シリーズ番号 15
内容
昭和6〜12年の創作を並べ、ノンフィクション・ノベルから怪奇幻想ロマンへの軌跡をたどる。『ぷろふいる』時代の作品を初集成。
著者紹介
山本禾太郎(やまもと・のぎたろう)
1889(明22)年、神戸市生まれ。本名は種太郎で、「種」の字の偏を用いて筆名にした。浪花節語りの事務員、神戸地方裁判所の書記等、さまざまな職業を経験。『新青年』の懸賞募集に「窓」が当選、1926年6月号に掲載され、その後、「小坂町事件」「長襦袢」等、実在の犯罪事件を材料とした作品を多く書いた。また、36(昭11)年には、京都で実際に起きた事件にもとづく「小笛事件」を『神戸新聞』に連載し、注目された。戦後は、関西探偵作家クラブの副会長となる。51(昭26)年、神戸の自宅で没。
関連書籍
ページ上部へ戻る