タイトル 授業空間論
サブタイトル 高校における文学教育
刊行日 2005年5月24日
著者 関直彦
定価 2,500 +税
ISBN 978-4-8460-0506-1
Cコード 0037
ページ数 368
判型 四六
製本 上製
品切れ
内容
教師・生徒・テキストをめぐる葛藤。高校国語教師として40余年のキャリアを持つ著者が石川啄木「煙一」、森鷗外『舞姫』、芥川龍之介『羅生門』、中島敦『山月記』、安部公房『赤い繭』等を俎上に載せ、自己の体験を踏まえてその構造に迫る。
著者紹介
関直彦(せき・なおひこ)
1941年4月静岡県に生まれる。1960年4月早稲田大学第一文学部入学(国文学専修)。1964年3月同大学同学部卒業。4月静岡県立高等学校教諭(国語)となる。1981年4月静岡県立浜松城北工業高等学校へ赴任。1990年4月静岡県立浜松西高等学校へ赴任。2002年3月静岡県立高等学校教諭を退職。4月私立芥田学園高等学校非常勤講師(国語)となる。
関連書籍
ページ上部へ戻る