タイトル 無音の弾丸
刊行日 2018年1月19日
著者 アーサー・B・リーヴ
定価 3200+税
ISBN 978-4-8460-1646-3
Cコード 0097
ページ数 360
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 201
内容
【無音の弾丸】投資家カー・パーカーが、会議中に突然死亡した。解剖の結果、首から三十二口径の銃弾が発見され、死因は射殺だと判明。しかし、目撃者の誰ひとりとして、銃声を聞いておらず、硝煙も見なかった、という不可能状況にケネディが挑む。表題となった本作を含む、短編12編で構成された本格推理小説。
著者紹介
アーサー・B・リーヴ
本名アーサー・ベンジャミン・リーヴ。
1880年、ニューヨーク州ロングアイランド、パッチョーグ生まれ。
プリンストン大学卒。1910年、シリーズ探偵クレイグ・ケネディ教授が活躍する短編を発表。12年に短編集「無音の弾丸」を刊行。この作品が〈クイーンの定員〉第49席に選出され、探偵小説史に名を残す。36年死去。

編集者コメント
大学教授で探偵。科学的知識を駆使し難事件を解く、というキャラクター造形は、東野圭吾氏の〈探偵ガリレオ〉シリーズの湯川学の先駆的存在です。1912年の作品にもかかわらず「盗聴器」「地震計」「消音器(サイレンサー)」「細菌」などをモチーフに、トリックを考案している点は、当時の読者の度肝を抜き、ベストセラーとなった短編集です。
目次
クレイグ・ケネディの理論
無音の弾丸
金庫破りの技法
探偵、細菌の謎に挑む
死を招く試験管
地震計をめぐる冒険
ダイヤモンドの合成術
瑠璃の指輪
自然発火
殺意の空
黒手組
架空の楽園
難攻不落のドア
訳者あとがき
解説 廣澤吉泰(探偵小説研究会)
関連書籍
ページ上部へ戻る