タイトル 近世ヨーロッパ軍事史
サブタイトル ルネサンスからナポレオンまで
刊行日 2014年3月3日
著者 アレッサンドロ・バルベーロ 著/西澤龍生 監訳/石黒盛久 訳
定価 2,500 +税
ISBN 978-4-8460-1293-9
Cコード 0022
ページ数 240
判型 四六
製本 上製
内容
ヨーロッパの軍事史に関する最先端の学問的成果を、軍事史に止まらず社会史・文化史など広範な角度から叙述した好著。
著者紹介
アレッサンドロ・バルベーロ
1959年生まれ。東ピエモンテ大学文哲学部教授(中世史講座)。『カール大帝-ヨーロッパの父』(Laterza, 2000)、『決戦―ワーテルローの歴史』(Laterza, 2003)、『祝別された戦争―十字軍とジハード』(Laterza, 2009)、著書・論文等多数。テレビの歴史番組等でも活躍。ストレーザ賞、マンゾーニ章等を受賞した小説家としても著名。

西澤龍生(にしざわ・りゅうせい)
1928年東京生まれ。京都大学文学部卒業。筑波大学名誉教授。専攻は西洋史学。

石黒盛久(いしぐろ・もりひさ) 
1960年生まれ。筑波大学大学院博士課程歴史人類学研究科西洋史専攻課程修了。イタリア政府給費留学生としてフィレンツェ大学文哲学部に留学。専攻は西洋史学。博士(文学)。現在金沢大学教授。主要著訳書に『近世軍事史の震央-人民の武装と皇帝の凱旋』(西澤龍生編、彩流社、1992年)、『マキアヴエッリ全集第6巻-政治小論・書簡』(共訳、筑摩書房、2000年)など。
関連書籍
ページ上部へ戻る