タイトル ソングライターの秘密
刊行日 2024年7月10日発売予定
著者 フランク・グルーバー 著/三浦玲子 訳
定価 2300円+税
ISBN 978-4-8460-2398-0
Cコード 0097
ページ数 232
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 320
内容
 クラップスゲームに勝利したサムはソングライターが賭けた未発表の楽曲を手に入るが、その直後、文無しソングライターは殺害されてしまう。例によって例の如く、事件の影では怪しげな人物が跋扈し、ジョニーとサムも否応なくトラブルに巻き込まれていく……。
著者紹介
フランク・グルーバー
 1904年、アメリカ、ミネソタ州生まれ。別名義にチャールズ・K・ボストン、ジョン・K・ヴェダー、スティーヴン・エイカー。新聞配達をしながら、作家になることを志して勉学に勤しむ。16歳で陸軍へ入隊するが一年後に除隊し、編集者に転身するも不況のため失職。パルプ雑誌へ冒険小説やウェスタン小説を寄稿するうちに売れっ子作家となり、初の長編作品 “Peace Marshal”(39)は大ベストセラーになった。1942年からハリウッドに居を移し、映画の脚本も執筆している。1969年死去。

[訳者]
三浦玲子(みうら・れいこ)
 翻訳家。訳書にE・H・ヘロン『フラックスマン・ロウの心霊探究』(書苑新社)、オーガスト・ダーレス編『漆黒の霊魂』(論創社)、スチュアート・パーマー『五枚目のエース』(原書房)、ジョナサン・サントロファー『赤と黒の肖像』(早川書房)、J・M・ライマー& T・P・プレスト『吸血鬼ヴァーニー』(国書刊行会)、仁賀克雄編『吸血鬼伝説』(共訳。原書房)他。
目次
ソングライターの秘密
訳者あとがき
関連書籍

「二十四の瞳」からのメッセージ

澤宮 優

2400円+税

「西日本新聞」(2023年4月29日付)に書評が掲載されました。

日本の脱獄王

白鳥由栄の生涯 斎藤充功著

2200円+税

「週刊読書人」(2023年4月21日号)に書評が掲載されました。

算数ってなんで勉強するの?

子供の未来を考える小学生の親のための算数バイブル

1800円+税

台湾野球の文化史

日・米・中のはざまで

3,200円+税

ページ上部へ戻る