タイトル 嘆きの探偵
刊行日 2022年1月20日
著者 バート・スパイサー 著/菱山美穂 訳
定価 2800円+税
ISBN 978-4-8460-2111-5
Cコード 0097
ページ数 296
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 278
内容
 銀行強盗事件の容疑者を追う私立探偵カーニー・ワイルド、ミシシッピ川を下る船中での"隠密捜査“開始! 追う者と追われる者、息詰まる騙し合いの結末とは……。
著者紹介
バート・スパイサー
 本名アルバート・サミュエル・スパイサー。妻のベティー・コー・スパイサーとの夫婦合作の別名義はジェイ・バーベッ ト。1918年、アメリカ、バージニア州リッチモンド生まれ。幼少期からアメリカ国外の様々な地域を転々とし、英国、インド、アフリカ、フランスなどで過ごした。ジャーナリスト、ラジオのニュース・ライターなどの職を経て、49年に「ダークライト」で作家デビュー。同作は1950年度アメリカ探偵作家クラブのエドガー賞処女長編賞候補に挙げられた。1978年死去。

〔訳者〕
菱山美穂(ひしやま・みほ)
 英米文学翻訳者。主な訳書に『運河の追跡』、『盗聴』、『悲しい毒』(いずれも論創社)など。別名義による邦訳書も多数ある。
目次
嘆きの探偵

訳者あとがき

解説 二階堂黎人(作家)
関連書籍
ページ上部へ戻る