タイトル 豊かな暮らしと〝小さな農業〟
サブタイトル 安心・安全な食料を小規模で生産する人たち
刊行日 2022年6月27日
著者 望月健
定価 1800円+税
ISBN 978-4-8460-2121-4
Cコード 0036
ページ数 224
判型 四六
製本 並製
シリーズ名 論創ノンフィクション
シリーズ番号 24
内容
「農業は楽しい!」。家族で農業を営む人たちの誰もがそう言った。持続可能な地球の食料生産システムを支えるものとして、小規模で環境への負荷が少ない家族農業が注目されている。効率だけでは語れない、本当に大切なものとは何か。
著者紹介
1965年生まれ。1989年、日本電波ニュース社入社。ハノイ支局長、カンボジア支局長を歴任。1999年、報道番組制作会社ジン・ネット入社。テレビ朝日「サンデープロジェクト」、テレビ東京「ガイアの夜明け」などを制作。2010年よりフリーランスとなり、主にNHKの「クローズアップ現代」のディレクターとして、医療・介護分の「認知症ケア・ユマニチュード」や「身体拘束」、企業や働き方を問う「郵便局」「コンビニ」、そして「小さな農業」「林業」など、本格的な超高齢社会を迎える国の在り方をテーマに取材を続けている。
目次
第一章 〝小さな農業〟の持つスケールメリット
第二章 岐路に立つ日本農業
第三章 都市で拡がる〝小さな農業〟の可能性
第四章 〝小さな農業〟が地域を変える
第五章 災害の頻発で注目される〝小さな林業〟
第六章 世界に拡がる家族農業
関連書籍
ページ上部へ戻る