タイトル 疑惑の銃声
刊行日 2018年8月8日発売予定
著者 イザベル・B・マイヤーズ
定価 2800+税
ISBN 978-4-8460-1723-1
Cコード C0097
ページ数 336
判型 四六
製本 上製
シリーズ名 論創海外ミステリ
シリーズ番号 212
内容
旧家の離れに轟く銃声が連続殺人の幕開けだった……。素人探偵ジャーニンガムを嘲笑う姿なき殺人者の恐怖。幻の女流作家が遺した長編ミステリ"Give me Death"、84年の時を経て邦訳!
著者紹介
イザベル・B・マイヤーズ
1897年、アメリカ生まれ。1929年に雑誌社主催の懸賞小説へ募集した「殺人者はまだ来ない」が一位入選となる。作家としては長編二作を発表しただけだが、心理学者としては著名で、カール・グスタフ・ユング、ユングの心理学的類型論に基づいた自己理解メソッドMBTIの開発者に携わった。80年死去。

〔訳者〕
木村浩美(きむら・ひろみ)
神奈川県生まれ。英米文学翻訳家。主な訳書に『忙しい死体』、『守銭奴の遺産』、『霧の島のかがり火』(いずれも論創社)、『シャイニング・ガール』(早川書房)、『悪魔と悪魔学の事典』(原書房、共訳)など。
関連書籍
ページ上部へ戻る